関節調整【背骨】

関節調整【背骨】

背骨について

  • 頚椎7個
  • 胸椎12個
  • 腰椎5個
  • 仙椎5個
  • 尾椎3〜5個

背骨はこれらの骨で構成されています。

それぞれ骨の形が違うため、その動き方や働きも変わってきます。

 

背骨

基本的に下の方にいくほど骨が大きくなり、体を支えるために安定します。

逆に上にいくほど骨が小さくなり、大きく動かせる反面、不安定とも言えます。

 

背骨全体で屈曲・伸展、側屈、回旋の動きができますが、頚椎・胸椎・腰椎で得意な動きや不得意な動きがあります。

例えば腰椎は構造的に屈伸の動きは得意ですが、回旋がほとんどできないと言われています。なのでよく「腰をひねる」なんて言いますが、実際は股関節や胸椎が動いて体をひねっているんです。

 

また、胸椎には肋骨がついて前方で胸骨とつながっています。

その中に内臓を収めて内臓を守る働きもあります。

 

 

背骨をみていく上で重要になってくるのが「弯曲」「弾力」です。

 

弯曲

背骨の湾曲

背骨はまっすぐ伸びているのではなく、前後に弯曲しています。

頚椎と腰椎は前弯、胸椎と仙椎は後弯しています。

この弯曲があるから運動時の衝撃を吸収することができると言われています。

 

例えば膝の痛みを抱えているクライアントを施術する際、調整するべきなのは膝ではなく「股関節」や「背骨」です。

脚からの衝撃を吸収する股関節や背骨を調整することで、膝を触らなくても痛みを改善できることがあります。

このように弯曲することで衝撃を吸収するということは重要な働きだということがわかるかと思います。

 

弾力あz

背骨の弯曲が重要だと言いましたが、それよりも個人的に重要だと考えるのが弾力です。

簡単にいうと「固さ」です。

 

赤ちゃんの背骨はとても柔らかく弾力があります。

対照的にデスクワークで1日8時間座っている上に運動不足の人などはガチガチです。

背骨がガチガチになってしまうと周辺の筋肉も硬くなり、様々な症状に影響を与えてしまうことが考えられます。

また、先ほど衝撃の吸収の話をしましたが、固く弾力の減った背骨は衝撃吸収作用が減り、膝痛など様々な症状に影響することが考えられます。

 

特に弾力が減りやすいのが「移行部」と言われるところです。

頚椎と胸椎、胸椎と腰椎、腰椎と仙椎、それぞれの境目のところです。

移行部

移行部のところは構造的に負担がかかりやすく、固まりやすくなります。

逆にいうと、固まった背骨の調整をする際は、まず移行部からおこなうと効果がでやすかったりします。

 

脊椎の調整

弯曲・弾力検査

背骨を垂直に軽く圧迫しながら全体を触り、弯曲や弾力をチェックします。

人によって本当に個性があるのがよくわかるかと思います。

 

頚椎

伸展

①仰向けの状態の相手の首を屈曲させます。

後頭下筋群の調整

 

②頚椎の1〜7番のどれかの曲突起の左右を触ります。

③触っているところをを支点にして首を伸展していきます。

後頭下筋群の調整

 

座っている状態でも同じように調整することができます。

 

回旋

①頚椎の1〜7番のどれかを固定します。

②固定したまま首を回旋させます。

頚椎の調整

 

寝たままでも同じようにできます。

寝たまま頚椎調整

 

胸椎

伸展

胸椎伸展

背骨をお腹方向に押していきます。

 

回旋

胸椎回旋

頚椎の調整と同じように、一箇所固定して回旋していきます。

 

 

 

 

上記のような調整があります。

主に可動性を出していくことを狙った操作です。

 

腰椎の場合は骨盤を動かして同じような要領で調整します。

 

実践動画

背骨を調整して肩の症状を改善させます!

 

 

調整等を学びたい方はぜひ遊びに来てください!

あやとり整体スクール無料クラス